私のおすすめ記事TOP10
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天正10年6月2日(1582年6月21日)、有名な「本能寺の変」が起こり、戦国武将・織田信長が、家臣の明智光秀に殺されました。

明智光秀が織田信長を殺した理由には諸説あり、日本史史上最大のミステリーともいわれています。

今回は、数多くある説の中から、特に有力な7説をご紹介します

ぜひあなたも、私と一緒に、光秀が謀反を起こした原因を考えて、このミステリーを解き明かしてみましょう。

明智光秀が織田信長を殺した当日の状況は?

明智光秀が謀反を起こした理由をお話しする前に、「本能寺の変」がどのように起こったのか、当日の様子を振り返ってみましょう。

天正10年6月2日(1582年6月21日)、光秀は、織田信長に命じられて、13,000人の兵士を率いて、亀山城(※丹波国/現在の京都府亀岡市)を出陣しました。

 

出陣の理由は、備中高松城で毛利軍と戦闘をおこなっていた、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の支援のはずでした。

けれども、出陣してからまもなく、光秀は、突然意外なことを叫びます。

 

敵は本能寺にあり!

とても有名なセリフですが、実は、光秀が本当にこう叫んだかどうかは、定かではありません。

江戸時代に出版された、「明智軍記(あけちぐんき)」という本の創作だという説が一般的です。

また、光秀軍の兵士の記録によると、兵士たちは、信長を討ち取るという目的を、最後まで知らされていなかったようです。

信長の命令で徳川家康を討つのだと思っていた、とある兵士は書いています。

 

なにはともあれ、急に方向転換して京都に到着した光秀軍は、信長が宿泊していた本能寺を包囲しました。

光秀軍13,000名に対し、信長軍はたったの100名足らず。

信長は、家臣の森蘭丸らと奮戦しましたが、やがて敗北を悟り、寺に火を放ち自害します。

出典:パブリックドメイン美術館・楊斎延一1896本能寺焼討之図(右に信長、中央に明智三羽烏の一人安田作兵衛が描かれ応戦する森蘭丸が左に描かれています。)

本能寺の変の原因を考えてみよう。

もともと色々な説があったのですが、近年になって、新しい資料も見つかりさらに原因の究明がむずかしくなってきました。

ここからは、本能寺の変の原因として、特に有力な7説をご紹介します。

  1. 信長への怨恨説
  2. 光秀野望説
  3. 恐怖心説
  4. 将軍指令・幕府再興説
  5. 朝廷関与説
  6. 四国攻め回避説
  7. 諸将黒幕説

信長への怨恨説

怨恨・恨み説は本能寺の変の原因のトップに上げられドラマや映画でもこの説は支持されています。

信長は短気かつ厳しくて激しい性格であったため、光秀は日ごろからつらい仕打ちを受けていたという説です。

 

以下はその代表例とされるものの一部です。

多くは江戸時代に書かれた軍記物と呼ばれる本の創作といわれています。

アルハラ・パワハラに耐えられなかった。

信長に大きな盃に入った酒を強要され、酒が飲めない光秀は辞退を申し出ます。

信長は刀を口元に突き付け「この白刃を呑むべきか、酒を飲むべきか」と無理やり酒を飲まされた(アルハラですね~!)。

 

同じく酒席で、光秀が目立たぬように座をはずしかけたところ、「このキンカ頭(禿頭の意)」と満座の中で、信長に怒鳴りつけられ殴られた。

キンカ頭とは、「光秀」の「光」の下の部分と「秀」の上の部分を合わせると「禿(ハゲ)」となることから、信長なりのシャレだという説もあります。

 

甲州(現山梨県)征伐の際に、信濃の反武田派の豪族が織田軍の元に集結するさまを見て、「我々も骨を折った甲斐があった」と光秀が言います。

信長は、「お前ごときが何をしたのだ」と激怒して、部下の森蘭丸に鉄の扇で叩かせ恥をかかされるシーンも、映画やドラマでよく見かけますね。

安土城の家康接待の失敗。

天正10年(1582年)、信長は武田家を滅ぼした徳川家康のてがらを労うため、安土城で家康を接待します。

光秀は家康の接待を任され、献立から考えて苦労して料理を用意します。

 

しかしながら信長は、自らがわざわざ材料の魚鳥を吟味したにもかかわらず、「腐っている」と料理に因縁をつけました。

光秀は接待役を解かれ、すぐさま秀吉の援軍に行けと命じられてしまいます。

徳川家康暗殺拒否が原因?

接待の時、信長は光秀に対して徳川家康を殺せと命じますが、光秀がそれを拒否した為に、役目を解かれた説!

「魚が腐っている」というのは、毒を入れろと言ったのになぜ入れなかったのかという、信長の怒りに触れた説!

領地没収が原因!

信長は秀吉の援軍に行く条件としてこんな話を光秀にしています。

中国二国(※出雲・石見国/現島根県全域)は攻め取った分だけそのまま光秀の領地にしてもいいが、そのときは滋賀郡(※近江坂本/現大津市と高島市の一部)・丹波国は没収する、といわれた「明智軍記」。

 

さとね
一件理不尽な話に聞こえますが、石見の国には銀山もあり、丹波より裕福だったと思います。
丹波の制圧に苦労して善政を敷いていた光秀には、京都に近いことも含めて愛着があったのかもしれませんね。

宣教師ルイス・フロイスは、「人々が語るところによれば密室で信長が口論の末光秀を1、2度足蹴にした」と記しています「フロイス日本史」。

これらの史実を元に、面目を失ったための怨恨説が成り立っています。

市郎右衛門
怨恨説が根強い人気なのは確かですが、智将明智光秀ですよ~?
後先を考えずに怒りや恨みの気持ちだけで、本能寺の変を起こしたとは思えません。

光秀野望説

光秀野望説は光秀自身が天下統一を狙っていたという説です。

この説に対しては「知将とされる光秀が、このような謀反で天下を取れると思うはずがない」という意見があります。

一方で、「本能寺に居た信長の100倍以上の兵で奇襲できることは、信長を殺すのにこれ以上ないと言える程の機会だった」という、二つの意見に分かれているようですよ。

恐怖心説

長年信長に仕えていた古参の武将たちが追放され、成果を挙げなければ自分もいずれは追放されるのではないか、という不安から信長を倒したという説です。

今までにない新しい政治・軍事政策を行う大胆な信長の改革に対し、光秀が旧体制の統治を重んじる考えであったという説です。

信長は伝統的な権威や秩序を否定し、犠牲もいとわない手法(比叡山の焼き討ちや伊賀での虐殺等)で、天下の統一事業を目指します。

一方で、光秀は衰えた室町幕府を再興し、混乱や犠牲を避けながら安定した世の中に戻そうと考えたのではないか、という考えから発生した説です。

 

この説は、信長の命とともに独裁者の暴走をも断ち切ったといわれます。

なお、光秀は自身も教養人でしたが、近畿地区を統括していた関係上、配下の大名にも名門・旧幕府勢力出身者が多くいました。

特に両腕として働いていた細川氏(管領家/将軍補助職の分流)、筒井氏(※大和国/興福寺衆徒)の大名化は典型で、この説の背景となっています。

つまり、信長さえ殺害すれば畿内の武将たちが、自分に味方してくれると信じていたと、考えられえています。

この説には、信長が平氏の出身で源氏が天下を治めるべきという、源氏将軍説も含まれるようです。

さとね
光秀は自らの手でその理想を実現することは叶いませんでしたが、後に徳川家康によって築かれた江戸幕府による秩序に貫かれた安定した社会は270年続き、光秀が室町幕府再興を通じて思い描いた理想は、江戸幕府によって実現されたと考える事も出来ますね。

将軍指令・幕府再興説

光秀には足利義昭(あしかがよしあき)と信長の連絡役として、信長の家臣となった経歴があるため、恩もあり関係も深い義昭からの誘いを断りきれなかった説です。

光秀が義昭を奉じる(主君としていただく)のは大義名分がありますが、直接の指令があったのかどうかも含めて、義昭の積極的関与を示すような証拠は、依然として存在していません。

 

しかしながら、紀州の武将・土橋重治(どばししげはる)にあてた光秀直筆の書状から、光秀は本能寺の変の後に義昭を京に迎える意思が有ったと思われます。

さらには、室町幕府を再興するという明確な考えがあったと思われる文章です。

書状は天正10(1582)年6月2日の本能寺の変から10日後の12日付で、返信とみられます。

「上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛(にゅうらく)の件につきましては既に承諾しています」

 

京を追放された義昭は当時、中国地方を支配する毛利輝元(もうりてるもと)の勢力下にある鞆の浦(※現広島県福山市)にいました。

義昭が京に戻る際は協力することになっていると重治から示され、光秀自身も義昭と既に協力を約束していることを伝える内容といわれています。

畳んで書状を入れる包み紙も一緒にあったことから、使者が極秘に運んだ密書とみられます。

 

義昭との関係を復活させた光秀が、まず信長を倒し、長宗我部や毛利ら反信長勢力に奉じられた義昭を帰洛(京都に戻す)させる。

そして、室町幕府を復活させる政権構想を持っていたと考える研究者もいるようです。

朝廷関与説

「信長には内裏に取って代わる意思がある」と考えた朝廷から命じられ、光秀が謀反を実行したのではないかとする説です。

この説の前提として、天正10年(1582年)頃に信長は正親町天皇(おおぎまちてんのう)退位などの強引な朝廷工作を行い始めていました。

 

近年には「天正十年夏記(晴豊記)」等をもとに、朝廷すなわち誠仁親王(さねひとしんのう)と近衛前久(このえ さきひさ)が「本能寺の変」の中心人物であったと各種論文で指摘されています。

この朝廷黒幕説の主な論拠となった「天正十年夏記」は、誠仁親王の義弟の勧修寺晴豊(かじゅうじはるとよ)の日記の一部です。

史料としての信頼性は高いと思います。

市郎右衛門
近衞 前久は、戦国時代の太政大臣で官位は従一位・関白、左大臣、太政大臣を歴任(官位も頂点)。
近衛家(公家の家格の頂点・五摂家の一家)17代当主ですから、光秀を誘う文章でも出てきたら朝廷説が確定することになりますね。

 

正親町天皇が信長と相互依存関係を築くことにより、困窮していた財政事情を回復させたのは事実です。

だからといって、信長と朝廷の間柄が良好であったとはいえません。

 

信長に対して「太政大臣」「関白」「征夷大将軍」どの役職でもどうぞと選択肢を与えた朝廷です。

これは、三職推任問題(さんしょくすいにんもんだい)と呼ばれます。

朝廷が信長の急進的な改革行動に危機感を持っていたことは間違いないと思います。

チエック!
太政大臣=(だいじょうだいじん)律令官制の最高官で左右大臣の上に位置する太政官の長官。
関白=(かんぱく)天皇を補佐して、政務をつかさどる重職、太政大臣の上でこれ以上の官職はありません。
征夷大将軍=(せいいたいしょうぐん)本来は蝦夷を征討するという意味ですが、武家政権の最高位で幕府を開くことができます。

さとね
私は、朝廷あるいは公家が光秀謀叛に大きく関与していたのではないかと推測しています。
室町幕府の権威が地に落ちたことは、信長の件で分かっていますから、幕府以上の力としては朝廷ではないかと思っています。

四国攻め回避説

光秀と懇意(親しく交際して、仲のよい間柄)でありながら、信長と敵対していた四国の戦国大名、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の窮地を救うために、起こしたとする説です。

近年、前文でも書いたように、新しい文章が発見されて、四国攻め回避説に注目が当たりました。

その文章は、2014年に岡山県で見つかった「石谷(いしがい)家文書」です。

 

当時、信長は光秀に長宗我部氏の抱き込みを命じていました。

光秀は斎藤利三(さいとうとしみつ・光秀の家臣)の妹を元親に嫁がせて婚姻関係を結ぶところまでこぎつけます。

 

本能寺の変の約5カ月前にあたる1月11日の書状で、斎藤利三が元親に「要求に従うのが長宗我部家のためになるし、光秀も努力している」と助言しています。

これに対し元親は、5月21日付で「阿波国(現徳島県)中心部の城からは退いたことを信長殿に伝えてほしい」と返答しています。

信長の命に従うことで元親が、衝突を避けようとしていたことが証明されました。

 

しかし、天正8年(1580年)に入ると、織田信長は秀吉と手を結んだ三好康長(みよしやすなが)との関係を重視します。

そして、武力による四国平定に方針を変更したため、光秀の面目は丸つぶれになってしまいます。

大坂に四国討伐軍が集結する直前を見計らって、光秀が本能寺を襲撃したことも、この説を後押ししています。

諸将黒幕説

織田信長を取り巻く有力武将が黒幕という説です。

おもに徳川家康や豊臣秀吉が上がります。

徳川家康加担説

徳川家康黒幕説の場合、信長の命令により、長男・信康(のぶやす)と正室・築山殿(つきやまどの)を自害させられたことが、恨みの原因の一つに挙げられます。

さとね
ただし近年では、2人の殺害は信長の命ではなく、家康と信康の対立が原因とする説も出ています。

 

堺を検分(物見)していた家康の元に本能寺の変の知らせが入ります。

家康は伊賀(鈴鹿山中)を越えて命からがら岡崎に戻ります。

神君伊賀越え(しんくんいがごえ/家康が神様として祀られたことから神君といわれます)といわれています、が出来すぎだと思いませんか?

 

伊賀山中で、窮地に陥った家康のもとに200人の手勢を連れた服部半蔵(はっとりはんぞう)が急に現れて助けるのです。

私は、そんなにうまい話があるとは、とうてい思えません!

堺から、家康の居城岡崎城の間は、現在の新名神高速でも218キロもあります。

そんな道なき山中を歩いて、数日で帰れるものでしょうか?

狸親父徳川家康か?岡崎城の「徳川家康像!」

羽柴秀吉加担説

羽柴秀吉黒幕説の場合は、光秀と同じく信長に長く使えた旧臣が追放され、将来に不安を持ったという説があります。

中国大返しの手際が良過ぎることも、彼への疑惑の根拠となっています(甲冑着こんで?10日で200キロ、絶対無理やん!)。

光秀の謀反を知ってないと、山崎の戦いに間に合ったとは、とうてい思えないですよね~!

チエック!
中国大返しとは、羽柴秀吉が備中松山城から天王山の山崎の戦いまで、10日で200キロ移動して勝利を収めたお話です。
こんなことが可能なのか?京都から200キロ以上離れた備中に一日で「本能寺の変」の連絡が届いたのかも不思議ですよね?

それとも猿こと羽柴秀吉か?大坂城となり「豊国神社・豊臣秀吉像」

「本能寺の変」は、なぜ解明できないの?

誰が黒幕なのか?闇また闇の藪の中!

説明できない謎!
  1. 事件を起こした動機には触れても、黒幕とされる人物や集団が、どのようにして光秀と接触したか明らかに出来ない。
  2. 実行時期の見通しが良かったと思えない、機密漏洩防止策がなされていない。
  3. 黒幕からすれば、光秀が謀反に同意しても、重臣たちへの説得をどうしたのかの説明が不明。
  4. 黒幕たちが居たとして、事件の前も後も、光秀の謀反を具体的に支援してない事が不思議、光秀の部下以外ほとんど味方がいない。
  5. 決定的なことは、裏付け史料がまったくない。

以上の点から、本能寺の変の真相は日本史最大の謎の一つといわれています。

どの説も捨てがたいですよね~!

 

推理小説では、一番得をした人間が犯人だとよく推理します。

それだと羽柴秀吉ということになりますね。

裏で糸を引っ張っていたからこそ早く実行犯の口を封じる必要があったと思いませんか?

秀吉が中国地方の戦場から中国大返しといわれる急進撃を行ったのもうなずけると思いませんか?

市郎右衛門

このように日本史最大の謎ともいわれる「本能寺の変」について考察してきました。
あなたはどの説を支持されますか?
私は決めましたよ~将軍指令・幕府再興説です。

最後に一言

やっぱり歴史はミステリアス (mysterious) !

ミステリアス は英語で神秘的、不可思議な様を表すのだそうですよ~。

そんなミステリアス な女性がいたらクラクラですよね、私が歴史にのめり込む理由がお解りに成りましたでしょうか?

さて、皆さんはどの説が一番心に響きましたか?

【合わせて読みたい戦国記事リンク】
いつも応援ありがとうございます。
歴史って本当に面白いですよね~!

今後もランキングにはこだわって良い記事をUPしたいと思います。

絶賛ランキング参加中!二つのバナータグを ポチっと」クリックして応援お願いします。

|o´)oO(Thank you)

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

バナーをクリックしますと、ランキングページに移動します。
「市郎右衛門(いちろうえもん)」のブログ「タイムトラベル・歴史探訪」は、お陰さまで上位にランクインしています。
ランキングを、もう一度クリックすると、ブログホームに戻ることができます。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事