十九代 市郎右衛門
兵庫県北部の山陰は但馬に生まれて半世紀以上が過ぎました。「市郎右衛門」は実家の名跡、19代目を襲名予定です。 室町時代からの旧家に生まれたことで、歴史や日本文化への興味は潜在的に持っておりましたが、会社でのストレスから二度にわたる休職を余儀なくされたことで、ストレスのない生活を求めて寺社仏閣巡りを始めました。 会社勤めでストレスを感じておられる皆さんが、寺社仏閣や史跡・城跡を巡る私のブログの中で、日本の歴史や文化に触れていただき、少しでもストレスのない平穏な日常を過ごていただけたら嬉しいです。
十九代 市郎右衛門の記事一覧
NEW!
【永久保存版】歴史を120%楽しむための6つのルール③④
【永久保存版】歴史を120%楽しむための6つのルール①②